保険用語

あ か さ た な は ま や ら わ

アクチュアリー

一般勘定

医療保険

営業職員

一時払い

医的選択

運用利回り

延長定期保険

アクチュアリー(あくちゅありー)

保険数理の専門家。資格試験制度がある。

一時払(いちじばらい)

契約締結時に保険料を一時に全額払い込む方法。

一般勘定(いっぱんかんじょう)

特別勘定を除いた財産を経理する勘定で、ここでは一定の予定利率をご契約者に保証している。

医的選択(いてきせんたく)

生命保険契約締結に先立ち、被保険者の健康状態を診断し、申込に対する諾否を決めること。

医療保険(いりょうほけん)

入院、手術などの保障を目的とした補償型の保険。入院・手術給付金の他、ガンや成人病の倍額保障などのオプションもある。疾病保険ともいう。なお社会保険である健康保険、国民健康保険などを含む意味で使われる場合がある。

運用利回り(うんようりまわり)

生命保険会社が保有している一般勘定の資産が、その年にどれだけの利回りで運用されたかを見る指標で以下の算式から求められる。 運用利回り(%)=資産運用収益−資産運用費用+保険業法第112条評価益/一般勘定資産日々平均残高(注) なお、運用利回りは当期に実現した運用収益、運用費用の比重を示すものであり、運用実績を見る場合には、有価証券含み損益の状況などをあわせて見ることが必要である。(注)一般勘定資産日々平均残高:当期の日々の一般勘定資産を累積し、平均したもので、当期の平均運用額を示す。

営業職員(えいぎょうしょくいん)

生命保険会社に所属し、保険契約の募集に従事する人。

延長定期保険(えんちょうていきほけん)

保険料の払込が困難になったときに、以後の保険料の払込を中止して、そのときの解約払戻金をもとに、保険金額を変えないで一時払いの定期保険に切り換えたもの。

生命保険見直し、ライフプラン作成‖FPオフィス・Ban