保険用語

あ か さ た な は ま や ら わ

退職金給与引当金

団体保険

賃貸用不動産等減価償却費

定期保険

団体信用生命保険

チルメル式責任準備金

定款

ディスクロージャー

退職金給与引当金

将来の従業員の退職金の支払いに備えて積み立てるもの。この金額については、退職金規程などに基づいて合理的・計画的に毎期計上することになっている。

団体信用生命保険

銀行など(債権者)から住宅ローンを借りる人(債務者)のための特殊な定期保険。債務者が返済途中で死亡した場合、その時点の債務残高相当額の保険金が債権者に支払われ、借入金が清算される。

団体保険

多数の被保険者を対象として、1枚の保険証券で契約する保険契約。団体には企業体のほか、協同組合、医師会、弁護士会、町内会、PTAなど(団体類別基準に適合するもの)が含まれる。

チルメル式責任準備金

生命保険会社は、将来、保険金などを確実に支払うために責任準備金を積み立てている。生命保険会社の事業費は、現実には営業職員・代理店への報酬、保険証券の作成費用、医師への診査手数料などの経費の支払いのため契約初年度は多額になるのが一般的である。「チルメル式」は、チルメル(Zillmer)というドイツ人が考案した責任準備金の積立方式で、事業費を初年度に厚くし、初年度以降、一定の期間(チルメル期間といい、5年、10年などの期間がある)で償却すると想定し、責任準備金を計算する方法である。

賃貸用不動産等減価償却費

減価償却費(固定資産の取得価額をその耐用期間の各事業年度に配分する手続き)のうち、投資用不動産・動産などにかかわるものを計上する。

定款

株式会社などの組織活動の根本規則。商法に定める。会社の目的、保険の種類、事業の範囲、名称、主たる事務所の所在地などを記載する。保険会社は、保険業法により、保険業の免許を受ける際の基礎書類のひとつとされている(免許申請書に添付して大蔵大臣に提出する)。相互会社の場合、ご契約者=社員(株式会社の株主に相当する)なので、ご契約者にとって定款が約款とならんで重要になる。

定期保険

所定の保険期間内に死亡した場合のみ保険金が支払われる(満期保険金などがない)保険。「定期」とは保険期間が限定されている(終身ではない)という意味。

ディスクロージャー

“企業の経営内容の公開”のことで、生命保険会社においては保険業法第111条に基づき、経営内容や財政状態はどうなっているのか、どんな保険商品やサービスがあるのかなどの情報を開示している。これらは毎年作成されるディスクロージャー資料に掲載されており、生命保険各社の本社・支社・営業所・事務所などで閲覧することができる。

生命保険見直し、ライフプラン作成‖FPオフィス・Ban