保険用語

あ か さ た な は ま や ら わ

払済保険

復活

平準保険料

保険金受取人

保険契約者

保険約款貸付

募集代理店

被保険者

平準純保険料式責任準備金

保険金

保険金額

保険事故

保険料

保有契約高

払済保険

保険料の払込が困難になったときに、以後の保険料の払込を中止して、そのときの解約払戻金をもとに、保険満了日(保期は残余期間)を変えないで、一時払いの養老保険もしくは元の契約と同じ種類の保険に切り換て活用する。

被保険者

生命保険の対象として保険がつけれられている人のこと。

復活

保険料支払の遅滞などで失効した保険契約を元に戻すこと。所定期間内であり、失効期間中の保険料を支払うことなどが条件。

平準純保険料式責任準備金

生命保険会社は、将来、保険金などを確実に支払うために責任準備金を積み立てている。生命保険会社の事業費は、現実には営業職員・代理店への報酬、保険証券の作成費用、医師への診査手数料などの経費の支払いのため契約初年度は多額になるのが一般的である。「平準純保険料式」は事業費を保険料払込期間にわたって毎回一定額(平準)と想定し、責任準備金を計算する方法である。

平準保険料

年齢が増えると保険料が増加するような保険契約の場合に、全保険料払込期間を通じて一定額となるように計算された保険料。主として生命保険(個人契約)で採用。

保険金

保険事故発生により、保険契約に基づき、保険会社から被保険者や保険金受取人に対して支払われる金銭。

保険金受取人

死亡保険金を受け取ることができる人。保険契約者が指定する。この指定のないときは、被保険者の法定相続人が受け取ることとなっている場合が多い。

保険金額

保険事故が発生した場合に、保険会社が支払うべき金額の最高額として、保険契約に際して、保険会社と保険契約者との間で定めた金額。

保険契約者

自分の名前で保険契約を結んだ人。保険契約上の各種の権利(解約権など)や義務(保険料支払、告知義務、通知義務など)を有する。なお保険契約成立前は、申込人という。

保険事故

保険者が、その事故発生の場合に保険金を支払うと約束した事故。偶然なものであることが必要である。

保険約款貸付

保険約款貸付には2種類ある。ひとつは、契約者が資金を必要としたときに解約返戻金の一定範囲内で利用できる「保険契約貸付」、もうひとつは、保険料の払い込みが一時的に困難となり、払込猶予期間内に払い込まれない場合に、保険契約の失効を防ぐため解約返戻金の範囲内で、保険料とその利息の合計額の立て替えを行う「保険料振替貸付」である。

保険料

保険契約において、保険契約者が、保険会社が行う給付(危険負担)の対価として支払う報酬。

募集代理店

生保会社の委託を受け、生命保険契約の締結の媒介をする者。

保有契約高

個々のお客様に対して生命保険会社が保障する金額の総合計額。ご契約者から払い込まれた保険料の総合計額(保険料収入)とは異なる。

生命保険見直し、ライフプラン作成‖FPオフィス・Ban