住宅ローン相談の流れ

住宅ローン相談、借り換え‖住宅ローンは将来を見据えて
住宅ローン相談、借り換え‖幸せな未来のために将来を見据えた対策を!!

住宅ローンは大きな借金です
将来を見据えて計画的に借りましょう

あなたは勧めれれているまま住宅ローンを借りていませんか?
住宅ローンはライフサイクルの中で一番大きな借金です。

モデルハウスなどで素敵な住宅を目にすると、その住宅に住んでいる自分をイメージして、楽しくなるものです。もし、銀行からお金が借りれるのであれば、すぐにでも欲しくなります。
その時に販売業者からこう言われたれどうでしょうか。
  ・低金利ローンは今だけですよ
  ・家賃を払うのはもったいない、ローンで買った方が得ですよ
  ・頭金は少しでいいですよ。
  ・早く契約しないと売り切れますよ
こんなことを言われるとすぐに契約しないといけないような気になります。
ちょっと待ってください。
安易な住宅ローン契約は家計破綻の第一歩です。

最近は住宅を衝動買いする人が多いようです。住宅をモデルハウスに見に行って、その場で契約したいリ、一週間ぐらいで購入を決定する人の割合が増えています。
なぜでしょうか?
以前、販売業者の方がこんなことを言ってました。
「お客さんが気に入った住宅を見て、気持ちが高揚している時の方が購入する確率が高い」
その通りだと思います。
私も結婚した時に住宅を購入したのでその気持ちは良く分かります。

返済期間が35年だと頭金が少しでも非常に大きな金額の住宅ローンを組むことができます。
銀行が貸していくれる金額と、借りてもいい金額は違います。
ライフステージによって毎月の支出は変わってくるので、大きな住宅ローンを組むと毎月赤字になることがあります。そのことを理解して、将来のライフプランを見据えた住宅ローンを組むことが大切です。

住宅ローン相談は、住宅ローン金利が一番低い銀行をアドバイスするものではありません。
もし、そのような相談であればネットで検索するばすぐに解決します。

当社の住宅ローン相談はライフプラン作成をメインにして、住宅ローンを組んでもこれから20年先、30年先家計が破綻しないかをチェックするためのものです。すなわち、住宅ローン相談はライフプラン作成の一部だと考えてください。

一度、ファイナンシャルプランナーのプロの考え方を聞いてみませんか。
但し、住宅ローン相談は有料で、無料では実施していません。

住宅ローン相談、借り換え‖住宅ローン相談の流れ

住宅購入後の年間の住居費を試算

住宅購入後には色々な費用がかかります。まずは、購入後に必要な費用を、毎月の支出と毎年の支出に分けて資産します。例えば、マンションであれば管理費・修繕積立金、駐車場代、固定資産税などです。

毎月の生活費を把握

毎月の生活費を把握します。基本生活費、住宅関連費、教育費、車関連費、その他支出などの費目別に毎月または毎年いくら使っているかを一覧表にします。
ご家庭によってはその他支出の金額が多く、何に使っているかが不明なお宅もあります。

無理のない返済額の計算

これが一番のポイントです。ハウスメーカや銀行では融資可能な金額、すなわち貸していくれる金額を計算しますが、それでは、将来のライフイベントを考えると家計が破綻する可能性があります。そうではなく、借りてもいい金額を計算します。
お客様の立場ち、中立的な独立系ファイナンシャルプランナーだからできる作業です。中立的な立場を維持するため当事務所は住宅ローン相談は有料になっています。

あなたに合った金利タイプを選ぶ

住宅ローンの金利タイプは、変動金利型、短期固定金利型、長期固定金利型など色々あります。この金利タイプが一番いいというアドバイスはできません。
なぜでしょうか?
それは、お客様の考え方によりその人に合っている金利タイプが異なるからです。まず、それぞれの金利タイプのメリットとデメリットを説明したうえで、どれにするかを選びます。

ローンのシュミレーション

選択した金利タイプに合わせて住宅ローンの返済シュミレーションを行います。全期間固定型であれば、1パターンをシュミレーションすれば問題ありませんが、他の金利タイプですと金利の動向を予測して数パターンのシュミレーションを行います。

購入後の家計の予測

購入後の家計の支出を予測します。現状の毎月の支出と毎年の支出をベースに住宅ローンを加味した家計の予測を行います。

住宅ローン相談の流れを理解頂けましたでしょうか?
住宅ローンは大きな借金です。そのことを理解して、住宅ローンを借りる時は中立的な独立系ファイナンシャルプランナーに相談することをお勧めします。
ハウスメーカ、住宅販売会社と提携していて無料で住宅ローン相談を実施しているファイナンシャルプランナー事務所もありますが、販売業者と提携するとどうしても物件が売れるような提案になってしまいます。
その為、当事務所ではハウスメーカ、住宅販売会社とは提携しないで、有料にて相談業務を行っています。
住宅ローン相談、借り換えについての疑問等はご遠慮なくお問合せ下さい。
住宅ローン相談、借り換えについてお気軽にお電話下さい。。
メールはコチラ
住宅ローン相談、借り換え‖FPオフィス・Ban