生命保険見直しの流れ

生命保険 見直し 相談‖生命保険を見直して確かな生涯設計を
最近はセカンドオピニオンとして相談される方が増えています

 最近はセカンドオピニオンとして利用される方が増えています。
 特に多いのが、○○会社の『無料生命保険見直し相談』を利用され、そこで提示された生命保険見直し提案に対して、第三者的立場でのアドバイスを求めるケースです。
『無料の生命保険見直相談』なので料金がかからない半面、提案された保険見直し案が本当に良い内容なのか疑問を抱く方も多いようです。
 保険見直し提案をするときは、顧客とって良い保険にするか、売る側にとって良い保険にするか選択を迫られます。私の場合は相談料を頂いているので顧客にとって良い保険を提案します。それに、保険の必要ない方は貯蓄をお勧めることもあります。 
 無料保険相談でも顧客にとって良い提案をしているケースもありますが、「えっ、こんな保険を勧めているの?」「デメリットをきちんと説明したのかな?」と疑いたくなる提案もあります。
また、保険料だけで保険商品を比較している会社もあります。
 生命保険の商品は、各社によって保障内容が違っているので単純に保険料だけで比較できません。それより、保険に加入する目的を明確にすることが一番重要です。
保険に加入する目的が明確になっていないと、「こちらの保険商品の方が保険料が少し安いですよ」、「こちらの保険商品はこんな保障も付いていますよ」と説明を受けると結局迷ってしまって選べなくなってしまいます。また、選んだ時点から、「これで良かったのかな?」と不安が始まります。そうならないために保険の目的を明確にしましょう。
 私が行っている『生命保険見直し』サービスでは、お客様と一緒に保険の目的を明確にすることから作業を始めますので、「なぜ保険に加入するのか?」という問いに対する答えが明確になります。あとは目的に合った保険商品を選ぶだけです。
 すごく簡単なことなんですが、一人では色々と悩んでしまいなかなか思うようには行きません。その様な「生命保険の迷える羊症候群」(勝手に名前をつけました)のお客様を何人も見ています。私はお客様のモヤモヤを解決して、スッキリさせてあげることが仕事だと思っています。「生命保険の迷える羊症候群」の方は、一度『生命保険見直し』サービスをご利用下さい。今までの悩みがスッキリします。

 『生命保険見直し』サービスを利用されたお客様には、中立公正な立場でその保険のメリット&デメリットをご説明致します。保険は住宅の次に高い買い物なので、十分に検討されてご加入することをお勧めします。
※遠方の方でも、日本全国出張致します。但し別途交通費がかかります。
生命保険 見直し はFPオフィス・Banへ

生命保険 見直し 相談‖あなたの生命保険に無駄はないですか?
生命保険 見直し 相談‖保険内容を診断しませんか?

 あなたの希望に合った良いプランを提案

現在、日本の全世帯のうち約90%が何らかの形で加入していて
生命保険1年間で一世帯あたりが支払う保険料の平均は約53万円
です。
例えば、20年間払い続けると1,060万円といった金額になり
毎月、口座引き落としで支払っている人が殆どで、
総支払額を意識している人は少ないのが現状です。
しかし、一番怖いのは加入している生命保険の内容を知らない
まま保険料を支払っていることです。




この原因としては
・営業職員の言われるまま生命保険に加入している
…………………………………………………………………………………
・知り合いに頼まれて生命保険に加入している
…………………………………………………………………………………
・みんなが入っているから生命保険に加入している
…………………………………………………………………………………
・生命保険のことは難しくてよく分からない
…………………………………………………………………………………
生命保険料は毎月支払うので、早めの見直しが無駄な保険料の削減になります。
まずはご相談下さい。生命保険の見直しポイント、考え方を分かりやすく説明します。
最終的に見直しを実行されるかはお客様の判断です。

「生命保険を見直したい」、「自分に合っている生命保険は?」、「生命保険はどうやって
見直すの?」とお客様によっては相談内容は様々です。
生命保険の見直し理由として
見直し理由1 更改型でもうすぐ保険料がアップする
…………………………………………………………………………………
見直し理由2 加入している生命保険の内容が良く分からない
…………………………………………………………………………………
見直し理由3 保険料をもっと安くしたい
…………………………………………………………………………………
見直し理由4 子供生まれたので教育資金を準備したい
…………………………………………………………………………………
見直し理由5 住宅を購入したので保険金額を減額したい
…………………………………………………………………………………
お客様によって相談内容は違います。

私はお客様に対して生命保険加入をお願いしたりすることは一切しません。
生命保険についての正しい知識、見直しするための考え方を提供するのが私の使命だと
考えています。どこの保険会社が一番安いとかでなく、正しい考え方を見に付けることが
一番重要です。
 
一度、ファイナンシャルプランナーのプロの考え方を聞いてみませんか。
但し、生命保険の見直し相談は有料で、無料では実施していません。
生命保険 見直し 相談‖生命保険診断の流れ

現在加入している生命保険の説明

現在加入している生命保険の保険証書を元に、生命保険の保障内容を具体的に説明します。
どういう状態になればいくら支給されるのか。現在の生命保険をそのまま継続した場合の支払い総額はいくらかなど、生命保険について説明します。

公的な遺族への保証は何があるのか

もし、世帯主にもしもの事があったときに支給される遺族年金はいくら支給されるのか。生命保険を見直すうえで一番大事なのが遺族年金で、生命保険は遺族年金の不足分を補うものです。
遺された奥様に支給される遺族基礎年金や中高齢寡婦加算はいくらになるのか、自営業と会社員での遺族年金の違いについて説明します。

医療費はどれくらいかかるのか

最近は、死亡するリスクより長生きするリスクが注目されています。
長生きすることで病気で手術、入院する可能性が高くなってきました。
これより、死亡保険より医療保険に重点をおいた見直し相談が増えています。 医療保険の必要性を統計データを用いて分かりやすく説明します。

必要保障額はいくらか

生命保険の見直し相談で一番最初に計算するのは必要保障額です。
もし、世帯主が亡くなった時の必要保障額を各種統計データをもとに算出します。
必要保障額は個々のお客様によって全然違い、生命保険の見直し相談では、お客様の家計状況、考え方などを考慮して一緒に計算します。
見直し相談ではお客様と一緒に考えること大切にしています。

生命保険の見直しプランの提案

必要保障額、お客様のご相談内容を考慮して、お客様に合った生命保険の見直しプランを提案します。

保険契約の実行支援

希望者については、生命保険の見直しプランの実行をお手伝いします。
また、見直しプランに基づいてお客様自身で契約していただいても結構です。その時は、契約手順、解約手順を丁寧に説明しますので是非ご相談下さい。

生命保険 見直し 相談‖生命保険見直しについての疑問等は遠慮なく問合せ下さい。
生命保険 見直し 相談‖気軽に電話下さい。
生命保険 見直し 相談‖メールはコチラ 生命保険 見直し 相談‖電話での問合せ
生命保険 見直し 相談‖FPオフィス・Ban