11月から生命保険見直し相談料金を変更します

11月から、生命保険見直しの相談料金を変更します。

   相談料金 5,000円 ⇒ 6,000円

生命保険見直しの有料相談を希望されるお客様が増えており、「5,000円で本当にいい
ですか?」という言葉を聞くことが 多くなったため、生命保険見直しの料金をアップする
ことにしました。生命保険見直しをご検討中の方はお早めにお申し込み下さい。
9月の生命保険見直し相談受付は終了しました。10月以降の予約になります。

生命保険 見直し ポイント

生命保険 見直し ポイントを6つ挙げています。一番重要なのは生命保険 見直し ポイント1の生命保険の加入目的を明確することです。加入目的が明確でないと、生命保険を見直しても意味がありません。それでは、生命保険 見直し ポイント1から始めましょう。

◆生命保険 見直し ポイント 1:保険加入目的は何か?

あなたの保険の加入目的は何ですか?
保険に加入するときはこれが一番のポイントです。これが曖昧だと何のために保険に入っているのか分からなくなります。万が一のときに保険の役割を果たさなくなり、遺された家族が生活できなくなることもあります。その時、保険会社は助けてくれません。当然ですよね。あなたが了解したうえ保険契約書にサインをしたのですから。
このような事にならないために、まず、保険の加入目的を夫婦で確認することが必要です。
もう一度言います。夫婦で確認して下さいね。
例えば、
  a.遺された家族が経済的に困らないための死亡保障
  b.葬式費用、整理資金のための死亡保障
  c.ケガ、病気などの医療保障
  d.がん、生活習慣病など、特定の病気の医療保障
  b.夫婦の老後の生活資金
  c.子供の教育のための教育資金
など、いろいろな目的があります。家族構成、生活スタイルによって目的は違ってきます。
あなたの加入目的は何ですか?
書き出してみて下さい。書き出した項目に対して1つやって欲しいことがあります。それは、優先順位をつけることです。
「なぜ、優先順位をつけるの?」
それは、払える保険料にも限界があるからです。欲を言えば、全ての項目を保険で保障、準備したいと思うでしょう。しかし、それは無理です。保険料が非常に高くなり保険貧乏になるのがおちです。
保険は、最低必要な保障をカバーするものと割り切ることが必要です。
優先順位は年代によって違います。30歳台の夫婦であれば遺族のための死亡保障の優先度が高くなるし、50歳代の夫婦であれば老後の医療保障の優先度が高くなります。
どうですか、優先順位をつけましたか?

それでは、次のポイントを見てみましょう。

生命保険 見直し ポイント‖FPオフィス・Ban