11月から生命保険見直し相談料金を変更します

11月から、生命保険見直しの相談料金を変更します。

   相談料金 5,000円 ⇒ 6,000円

生命保険見直しの有料相談を希望されるお客様が増えており、「5,000円で本当にいい
ですか?」という言葉を聞くことが 多くなったため、生命保険見直しの料金をアップする
ことにしました。生命保険見直しをご検討中の方はお早めにお申し込み下さい。
9月の生命保険見直し相談受付は終了しました。10月以降の予約になります。

生命保険 見直し ポイント

生命保険 見直し ポイントを6つ挙げています。一番重要なのは生命保険 見直し ポイント1の生命保険の加入目的を明確することです。加入目的が明確でないと、生命保険を見直しても意味がありません。それでは、生命保険 見直し ポイント1から始めましょう。

◆生命保険 見直し ポイント 3:加入保険の一覧表を作ろう

現在加入している生命保険の内容を確認しましょう。
ご自宅にある保険証券を引っ張りだして、被保険者(生命保険が掛けられている人)別に内容を整理してください。保障内容の確認作業は、夫、妻、子ども別に1人ずつに分けて、保険期間、死亡保障、医療保障、その他の保障を記入します。
すると次のようなことが分かります。
a.どんな保険加入しているのか明確になる
b.ダブっている保障内容が分かる。
c.亡くなった時点の保障額が分かる。
以下のように記入して下さい。

【夫の保険】
保険の種類 保障期間 死亡保障 医療保障 その他特約
定期付終身 30歳〜40歳 終身+定期/
3,000万円
病気・ケガ/
日額5,000円
災害時死亡/
4,000万円
41歳〜60歳 終身/
 200万円
病気・ケガ/
 日額5,000円
 
60歳〜 終身/
 200万円
   
終身医療 30歳〜   病気・ケガ/
 日額5,000円
 

   注意点は
     a.死亡保障額は、災害死亡などではなく、病気死亡時の保険金額の記入
     b.災害時死亡の金額は『その他特約』欄に記入
     c.年金形式で貰える保険は、保険期間満了までの合計金額を記入
     d.医療保障額は、病気入院時の1日当たりの給付金額を記入
     e.がん、生活習慣病の給付金額は分けて記入

どうですか、記入できましたか?
保険証券を見て保障内容を洗い出すのはなかなか大変だとは思います。
しかし、この一覧表ができなと、自分がどんな保険に加入しているのか分からないし、保障の重複や漏れも分かりません。
特約が何個も付いている保険に加入している方は、その他特約欄がいっぱいになります。
本当にその特約が必要なのか再確認する必要があると思います。また、内容が分からない特約を付けているということは、無駄な保険料を払っていることになります。
頑張って加入保険一覧表を作成して下さい。


それでは、次のポイントを見てみましょう。

生命保険 見直し ポイント‖FPオフィス・Ban