11月から生命保険見直し相談料金を変更します

11月から、生命保険見直しの相談料金を変更します。

   相談料金 5,000円 ⇒ 6,000円

生命保険見直しの有料相談を希望されるお客様が増えており、「5,000円で本当にいい
ですか?」という言葉を聞くことが 多くなったため、生命保険見直しの料金をアップする
ことにしました。生命保険見直しをご検討中の方はお早めにお申し込み下さい。
9月の生命保険見直し相談受付は終了しました。10月以降の予約になります。

生命保険 見直し ポイント

生命保険 見直し ポイントを6つ挙げています。一番重要なのは生命保険 見直し ポイント1の生命保険の加入目的を明確することです。加入目的が明確でないと、生命保険を見直しても意味がありません。それでは、生命保険 見直し ポイント1から始めましょう。

◆生命保険 見直し ポイント 5:保険見直しの主な方法

必要保障額が算出できれば、現在加入中の保険と見比べて過不足をチェックしましょう。

  a.保障額が足りない人
加入中の保険に定期保険を上乗せしましょう。
増額する保障額は不足する金額だけで十分です。
現在の保険が増額できない場合は、別の保険に加入して不足部分をカバーしましょう。 私のお勧めは収入保障保険や逓減定期保険です。この2つの保険は死亡保険金の合計額が年々減少するタイプの保険です。子どもの成長とともに必要保障額も減少するた、必要保障額の減少に合わせて保障額を減少させることができます。
また、健康体やタバコを吸わない人は、リスク細分型の保険を検討した方が保険料も安くなります。 各社から色々な保険が発売されているので、比較検討することが大切です。
 
  b.保障額が多い人
複数の保険に加入していて、その合計額が必要保障額より多いときは、まずメインとなる保険を決めましょう。
終身保険や定期付終身保険をメインにする方がいいです。メインの保険だけで保障額が十分な場合は、その他の特約を解約しましょう。
保険はなるべくシンプルに考えた方が無駄な保険料を支払わなくて済みます。
メインの保険だけでは不十分な場合は、保険料が割高なものから解約しよう。
保険料と保険金額から100万円当たりの保険料を求めて、割高なものから順番に解約していけば良いと思います。
 
  c.保険料の負担を軽くしたい人
保険料を払うのをやめても保障が継続する方法があります。
延長保険と払済保険です。どうしても、保険料の負担を軽くしたい人にはお勧めです。
延長保険とは、保険料の払い込みを中止して、それまでと同額の死亡保障を定期保険として継続する方法です。保険期間は、その時点での解約返戻金をもとに計算します。
払済保険とは、保険料の払い込みを中止して、元の契約の保障期間を変えずに保障額変更する方法です。
因みに、延長保険または払済保険に変更すると、入院保障などの特約は全て消滅しますので、注意が必要です。もし、入院保障などの特約が必要な場合は、別途、単体で保険に加入する方法もあります。
あまり特約を付けないでシンプルな保険にするのが賢い保険の入り方です。
 

それでは、次のポイントを見てみましょう。

生命保険 見直し ポイント‖FPオフィス・Ban